社団法人鹿児島県臨床工学技士会

Home > 技士会概要

活動指針

鹿児島県臨床工学技士会は昭和62年第108通常国会において法律第60号として交付され、翌年4月から施行された臨床工学技士法をうけ、鹿児島県において臨床工学技士として従事する医療職の方々をはじめ臨床工学技士を支援して頂いた多くの先生方や関係団体の方々にご支援頂き、多くの方々の参加の元で平成元年8月鹿児島市内のグリーンホテル錦生館において職能団体として発足いたしました。

鹿児島県臨床工学技士会は、高い職業倫理観を持つ臨床工学技士の養成を目指し、常に新たな知識を吸収して資質の向上を図るとともに生命維持装置の操作と保守点検を通して鹿児島県の医療に貢献することで鹿児島県の医療と福祉の信頼性の向上に努め、県民の医療及び福祉の充実を図りながら県民の健康な生活を維持するために寄与することを目的として発足し、活動を行なってまいりました。

当技士会は発足当初から医療現場において臨床工学の知識と技術を発揮し、社会に貢献する職能団体を目指して活動を続けてまいりました。

その結果、平成23年3月17日に開催されました公益認定等審議会において公益社団法人として認定するとの答申を頂き、平成23年4月1日付けで法務局に登記いたしました。

今後は、公益社団法人鹿児島県臨床工学技士会は『鹿児島県内の医療施設等における医療機器の管理及び使用上の安全性の確保に関する普及啓発、医療機器に関する情報提供並びに臨床工学技士の資質の向上に関する事業』を行う職能団体として公益事業により一層の重点を置き活動を継続してまいります。


ロゴ紹介

鹿児島臨床工学技士会ロゴ このロゴマークは『Kagoshima Clinical Engineer』の『K』と『C』『E』を組み合わせて、鹿児島の象徴である錦江湾の中にある桜島の形にデザインし、右上方に桜島の煙に見立てた楕円をあしらってみました。
色も鹿児島の真夏の青い空と青い海をイメージして、さわやかな色にしてあります。